入れ歯・義歯

Denture

入れ歯(義歯)とは

入れ歯(義歯)とは

入れ歯は失った歯の代わりとなる人工の歯の一種で、義歯とよばれることもあります。歯肉に似せて作られた土台に人工歯がセットされた補綴物で、患者さんが自分で取り外すことができお手入れが簡単です。 入れ歯はインプラント埋入治療などに比べると安定しづらく、ずれたり外れたりすることがあります。また、硬いものが噛みにくいという側面もあります。しかし、治療が短期間で終わるので体への負担が少なくなります。また、種類によっては保険診療で治療を受けられ、費用を抑えられます。

入れ歯の構造

入れ歯の構造
  • 人工歯

    人の手によって作られた、天然歯の代わりになる歯です。

  • 床(しょう)

    歯肉に似せた土台で、歯肉や粘膜に乗せて密着させる部分です。

  • クラスプ(バネ)

    部分入れ歯を固定するために必要な部品で、残っている天然歯に引っ掛けます。保険診療の場合は金属製となり、自費診療では目立たないクラスプを選択できます。また、クラスプを使わずに固定できる部分入れ歯もあります。

金属床

丈夫で異物感が少なく、食事の温度が伝わりやすい金属床

丈夫で異物感が少なく、
食事の温度が伝わりやすい金属床

土台となる床(しょう)を金属で加工した入れ歯です。保険診療の床はレジンで作られますが、厚みがあるため装着すると違和感があり、さらに汚れがつきやすいなどのデメリットがあります。金属で作られた床は強度が高いため、薄く加工できます。そのため装着したときの違和感が少なく、快適にお使いいただけます。また、水を吸いにくいので汚れにくく、口臭を抑えられます。熱伝導に優れており、食べ物の冷温が伝わっておいしく食べられるというメリットもあります。

金属床の特長

  • 特長 01

    入れ歯が薄く快適に装着できる

    保険診療の床はレジン(プラスチック)で作られています。強度の問題で厚みを出さなければならず、装着したときに違和感を覚える場合があります。金属床は丈夫なので、薄く加工しても耐久性をしっかり維持できます。薄い入れ歯を作ることができ、装着しても違和感を覚えません。また、大きな力が加わることがなければほとんど壊れません。

  • 特長 02

    料理の温度が伝わる

    食事をするとき、おいしさを感じるポイントのひとつが料理の温度です。保険診療の入れ歯だと床がレジンで加工されているため厚みがあり、食べ物の温度を感じにくくなってしまいます。一方の金属床は、薄く加工されるうえに熱伝導に優れています。料理の冷たさや温かさが伝わりやすく、食事をおいしく楽しむことができます。

  • 特長 03

    汚れが付着しにくい

    保険診療で使用するレジンは扱いやすい材料ではありますが、水を吸着しやすいため汚れが付着しやすくなります。金属床はその性質から汚れがつきにくく、水も吸着しません。そのため入れ歯を清潔に保つことができます。また、口臭も出にくいとされています。入れ歯の汚れやにおいが気になるという方におすすめです。

金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

金属床はレジン床には見られないいくつかのメリットがあります。しかし、金属製と聞いてアレルギーが気になるという方もいらっしゃると思います。たしかに金属床には金属アレルギーのリスクがありますが、床に使用できる金属にはさまざまな種類があります。金属アレルギーの検査を行ない、アレルギーの原因となる金属を避けて入れ歯を作ることもできます。

ミラクルデンチャー

噛めて、喋れて、味わえる。次世代の入れ歯「ミラクルデンチャー」

噛めて、喋れて、味わえる。
次世代の入れ歯
「ミラクルデンチャー」

部分入れ歯は、基本的に取り外しが可能でお手入れがしやすい一方、装着したときに違和感があることも少なくはありません。
ミラクルデンチャーは装着しても違和感は少なく、部分入れ歯に悩まれる方にとっては大きな味方となります。
その人の人生を変えてしまうと言っても過言ではないほどに、あらゆる点で欠点の少ない入れ歯とお考えください。

「ミラクルデンチャー」とは

ミラクルデンチャーとは、2003年に大阪府の歯科医師である中川瑛雄先生によって発案されました。

【ミラクルデンチャー/MIRACLE DENTURE】は、登録商標されています。(登録4873741)

ミラクルデンチャーには、歯肉に近い歯の側面に、入れ歯を固定するための維持装置(ミラクルタッチ/特許・商標取得)が設計されています。
すでに実用化から10年以上経過し特許も取得されていることから、さまざまな症例で使用されています。 ミラクルデンチャーが画期的な入れ歯とされるのは、従来の部分入れ歯が苦手としていた安定性や装着時の快適さなどを追求しているためです。

ミラクルデンチャーの特長

  • 特長 01

    しっかりフィットし入れ歯と気づかれにくい

    入れ歯の固定部分が歯肉に近いため、前歯部でも目立ちません。そのため、従来の入れ歯よりも審美面が向上し、一見して入れ歯をつけていることが認識されにくくなります。
    装置が表面に出ないことは大きなメリットです。

  • 特長 02

    今ある歯の動揺も抑え、保護できる

    動揺している歯と動揺していない歯の両方にミラクルタッチを設定することにより、動揺を止め、さらに歯を保護してくれる効果があります。 ミラクルデンチャーは、歯磨きする以外の24時間近く常に装着できるので、動揺している歯の保護も考えた設計になっています。

  • 特長 03

    自然な口元と自信をもった笑顔へ

    お口にフィットしない入れ歯では顔が強張ってしまいます。ミラクルデンチャーはしっかりフィットすることから口元を気にすることがなくなり、自然な顔立ちになっていきます。あくびやくしゃみ、大笑いをしても外れる心配がないので、自信を持った笑顔を取り戻すことができます。

ミラクルデンチャーの種類

ミラクルデンチャーには、以下のようにさまざまな種類があります。失った歯の本数や患者さんの症状に併せて適切な種類をご提案いたします。

  • ミラクルフィットⅠ(ワン)

    弾力のある特殊樹脂(熱可塑性樹脂)を使用しているノンメタル義歯です

  • ミラクルフィットⅢ(スリー)

    一般に使われる義歯よりも強度のある樹脂と、補強メタルの使用している義歯です

  • ミラクルフィットⅤ(ファイブ)

    ミラクルフィットⅢの形態から、舌が当たる義歯表面を樹脂からメタルに置き換え、薄くし、修理(改床)しやすくした義歯です

  • ミラクルメタルプレート(金属床)

    舌が当たる義歯内面及び、義歯の裏面と粘膜が接触する一部分を、樹脂からメタルに置き換え、より薄く作製した義歯です

コンフォート義歯

お口の粘膜にぴったりとフィットするコンフォート義歯

お口の粘膜にぴったりとフィットするコンフォート義歯

コンフォート義歯とは、生体用シリコーンを加工して作られる入れ歯です。生体用シリコーンは体との親和性が高い材料で、入れ歯の歯肉に当たる部分を覆うことでクッションのような役割を果たします。シリコーンの性質によって軟らかさが持続するので、歯肉への圧力が和らぎ噛んだときの痛みを抑えられます。また、歯肉にもしっかり密着するため、食べ物が挟まりにくくなって快適に使用できます。噛むときに痛みがある、硬いものが噛めない、といったお悩みを解消できる入れ歯といえるでしょう。

粘膜のように軟らかいシリコーンにより、歯肉への負担が軽減します

粘膜のように軟らかいシリコーンにより、歯肉への負担が軽減します

通常の入れ歯は、噛んだときなどに痛みや強く噛めないなどの不快感を覚えることがありますが、コンフォート義歯で使用している生体用シリコーンは粘膜の軟らかさに近く、歯肉の当たる部分の負担が抑えられます。
生体用シリコーンは医科でもよく使用され、体との親和性が高い素材です。そのため、粘膜にもフィットして安定感が高くなります。

※生体用シリコーンは医療機器(医療機器認証番号:21900BZY00060000)として認可されています。

コンフォート義歯の特長

  • 特長 01

    噛んだときの痛みを抑えられる

    従来の入れ歯はアクリル系の硬い素材によって加工されており、歯肉に適合していないと痛みを感じる場合があります。
    一方、コンフォート義歯は歯肉に密着させる部分を生体用シリコーンで覆っています。シリコーンの作用によって歯肉にフィットし、噛んだときの衝撃などを吸収するので痛みが軽減します。

  • 特長 02

    食べ物が挟まりにくい

    お口の中の粘膜の状態や形は、患者さん一人ひとり異なるのはもちろん、日常のなかでも食事や会話のときに変化します。入れ歯を精密に作るためには、こうしたことも想定しなければなりません。
    生体用シリコーンを使用するコンフォート義歯は、まるでタコの吸盤のように粘膜に密着します。粘膜の形などが変化しても隙間ができず、しっかりフィットします。入れ歯と歯肉の間に食べ物が挟まる心配もほとんどありません。

  • 特長 03

    さまざまな症例に対応可能

    コンフォート義歯は歯を失った本数にかかわらず、総入れ歯、部分入れ歯の両方に適用できます。また、いま使っている入れ歯を加工し、コンフォート義歯に変えることもできます。現在お使いの入れ歯で痛みや違和感にお悩みの方も、お気軽にご相談ください。コンフォート義歯に変える場合の治療方法や治療期間、価格などについてお話しします。

コンフォート義歯の注意点

  • 精密に入れ歯を作製するため、治療に時間がかかる
  • 自費診療なので価格が高い
  • 入れ歯の修理が難しい
  • 噛む力が強すぎるとシリコーンが剥がれることがある
  • 経年によりシリコーンが劣化する場合がある

インプラント・オーバーデンチャー

インプラント・オーバーデンチャー

インプラントで支える総入れ歯

人工歯をしっかり固定できるインプラントと入れ歯を組み合わせた治療方法が、「インプラント・オーバーデンチャー」です。数本のインプラントで入れ歯を固定することにより安定し、硬いものをしっかり噛むことができます。また、食べ物が歯肉と入れ歯の間に挟まりにくくなり、痛みも軽減されます。
入れ歯はアタッチメントによって固定されるので取り外すことができ、お手入れしやすく清潔に保てます。顎骨が少ない方にも適用できる場合があり、部分入れ歯と総入れ歯の両方に対応します。

インプラント・オーバー
デンチャーについて